ブログ

672.神田橋処方

2022.12.08

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 当院には、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の方も良くいらっしゃいます。
 PTSDにはフラッシュバックと言って、辛いシーンがあたかもリアルに再生しているかのように感じる想起です。トラウマ場面が再想起されてしまうため、当事者さんご自身はとても辛くなります。

 鹿児島に日本でも指折りの精神科医、神田橋條治先生というご高名な先生がおられます。2007年の臨床精神医学に掲載されてあちこちでも処方されるようになっている処方に、「神田橋処方」というものがあります。
 桂枝加芍薬湯と四物湯を合わせた処方です。

 最初は半信半疑で使ってみたのですが、かなり多くの方にてきめんに効果があることが分かってきました。
 抗うつ薬と併用することもありますが、どうしてもSSRI等を飲みたくなくて漢方で、と仰せの方にはこれを用いることがあります。早い人は数日でフラッシュバックが半減することもあります。

 四物湯は地黄(ジオウ)が含まれていますので、体質によっては下痢をしやすかったり便が緩くなることがあり、その場合は四物湯をスキップしたり、一旦休薬します。下痢に気をつけて用いれば、多くの方で外傷体験が軽減するため、かなり手応えを感じています。ただ、この記事を書いたからと言って漢方のみで治療したいというご希望が的を射ているかと言えばそうではないとも思っています。
 市中の開業医ですので、西洋薬を飲みたくない、と言う気持ちには一旦寄り添って処方もしますが、重度の鬱の場合は抗うつ薬をお勧めさせて頂く場合もあります。それでもためらわれる場合は、納得されるまでは、漢方のみでお付き合いすることもありますが、心理検査などの結果によっては再度抗うつ薬等をお勧めする場合もあります。

 いずれにしても、この神田橋処方は良く出来た処方という手応えがあります。

 PTSDの方にはボディートークや動作法なども有効で適宜使っていますが、処方薬としてはいたずらにベンゾジアゼピン系抗不安薬を増量するよりもこの神田橋処方が活躍することが多く、症状を伺いながら、適宜調整して用いております。
 自分にも該当するのでは、と思われた方は一度ご相談頂ければと思います。
 

671.会社の人とLINE交換は控える

2022.12.07

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 バイト先などですと、LINEグループで連絡しているからLINE教えてよ、と割と気軽に言われているようです。
 LINEは今やスマホを持っている人のほとんどがやっていると思われる連絡ツールですから、なかなか断りづらいこともあります。既読判定も付くので管理者には、従業員を支配するのに便利なツールです。

 確かに、急病や事故、身内の不幸、などで急に出勤できなくなることもあるでしょうから、管理者に携帯電話なり連絡先を押さえられてしまうのはある程度やむを得ないかもしれません。

 しかし、それを良いことに夜中も休日も連絡が来たり、グループで昼夜を問わず検討会やディスカッションが始まることがあります。千歩譲って建設的なものならまだしも、批判や攻撃にさらされることすらあるようです。

 さて、これらは望ましいことなのでしょうか?

 みなさんの雇用契約書には、LINEを読んで返事をするといくらくれるとか、時給等の設定がありますか?

 LINEやメッセンジャーは、家族や恋人、親友などと連絡を取り合うツールではなかったですか?

 会社を休んで在宅にするのに休まらない、と言う人のお話を詳しく聞いてみると、休んでいるのに次々とLINEで問合せや指示が入ってきているようです。

 一旦教えてしまうと、上司のブロックはとてもしづらいですし、ブロックしたとかしないとか、省かれたとか、色々揉める元にもなります。

 雇用契約書にLINEを使うこととか書いてあって、それに署名捺印したのでない限り(もしそんなことがあったらそれはそれでとても奇異なことに思えます)、個人のメッセンジャーツールはプライベートに限るべきです。

 デートしたいとか飲みに行きたいとか、本当に友情が発生してから、友達と思う人とだけ交換する、というのが本来のあり方ではないでしょうか。また、逆に、連絡ツールに安易にLINEを指定してくる企業や委員会等の集団には、あまり関わらないようにし、またそういう勧誘は入り口で断るようにしたいものです。

670.36協定

2022.12.06

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 福岡の人間交差点、六本松には、毎日、沢山のビジネスパーソンが受診に来られます。今や当院、7~8割が適応障害か勤労者の鬱となっています。

 以前、519稿.就職先の見究め、にも少し労働組合のことを書きましたが、ベンチャーとか若い企業には労組がない所も多いです。それはある程度仕方がないのかもしれませんが、もう1つ大事なことに36協定(サブロクキョウテイ)というものがあります。
 36協定とは、労働基準法第36条に基づく労使協定のことです。労働基準法では、労働時間は原則として、1日8時間・1週 40 時間以内とされています。これを「法定労働時間」といいます。法定労働時間を超えて労働者に時間外労働(残業)をさせる場合には、労働基準法第36条に基づく労使協定(36協定)の締結に加え、所轄労働基準監督署長への届出が必要です。

 また、36協定では、「時間外労働を行う業務の種類」や「1日、1か月、1年当たりの時間外労働の上限」などを決めなければなりません。

 さて、そんなもの見たことがない、と思われた方は、一度ご自身の会社の36協定を確認してみて下さい。
 事業主にとっては罰則つきの規定なので、必ずあるはずです。

 あるのに知らないか、ないかもしれない、となるとその会社はちょっとやばいことになります。
 あるのに知らないとなると、従業員にそれを知らせていないことになりますし、ない、となると労働基準法に違反しているかもしれません(ない、ということはほぼないと思いますが)。
 でも、周知徹底がされていないのであれば、その会社に付いている社労士が、事業主にきちんと勧告していないか、事業主が勧告を実行に移せていないかです。どちらもまずい状況になります。36協定について、説明されたことがないとか、存在を知らないのだけれども、と思われた方、その会社はちょっとやばいかもしれません。

 事業主がブラックな違反をしていないか、無理な理由で過労死ラインを超えて働かされていないか、確認するためにも、会社の36協定については良く確認しておきましょう。 

 指針の全文はhttps www.mhlw.go.jp/content/000350259.pdfをご覧頂ければと思います。

669.勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

2022.12.05

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 野球の野村克也さんの言葉だったと思います。
 野村監督と言えば、王・長島世代の名捕手でもあり、指導者になってからはID野球で、理論的な野球論でヤクルトを優勝させたり、輝かしい成績を上げました。
 勝負論関係の著作物も多数あります。

 最近の大勝負と言えば、サッカーワールドカップです。

 優勝経験国のドイツとスペインを破って予選を一位通過するなどと、事前に予告したら、袋叩きに遭いそうです。サッカーを知らないとか、散々批判されるでしょう。ましてやコスタリカに負けるおまけ付きで、日本人の解説者はほとんど当てることが出来なかったのではないでしょうか。

 岡田武史元代表監督が本田圭佑選手との特別対談でこの野村監督の言葉を引き合いに出しており、偶然の勝ちに見えても、それは神様からのご褒美であり、ご褒美を頂くためには如何に勝つための準備を綿密にするかが大切なのだ、と力説されていました。
 三笘の1ミリ、とか色々奇跡的な結果がありましたが、それだけ、代表チームが精密に分析して必死に努力した結果なのでしょう。まずは、トーナメント進出を心から祝福したいと思います。

 そして、私自身も、やるべきことの準備をしっかり行うよう心がけたいと思いました。

668.ご先祖様の数

2022.12.04

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 離別や死別でいなくなったとしても、子が生まれるには父と母がいるはずです。最近のバイオテクノロジーでは、男性の血液から卵子も作るという話もあるので、そこまで言われると難しくなりますが、日常生活を送りながら生殖によって子がなされる場合は、生物学的な父親と母親を想定して良いでしょう。

 自分に、父親と母親ががおり、その父親・母親にも自身の父親と母親がいますから。n世代前には2のn乗人の両親がいることになります。10世代前には2の10乗すなわち1024人のご先祖様がいます。簡単のために1000として、20世代前は1000×1000で100万人のご先祖様がいることになります。10世代は300年くらい前でしょうから、20世代だと5~600年前になるでしょうか。武士の世の頃まで遡れば、沢山のご先祖様が居たことになりますね。1000年前には10億人のご先祖様がいたわけで、当時の人口を超えているので、どこかで遠戚の交配がされているのでしょう。

 そして、どのカップルからも次の世代が生まれてつながれてきた訳で、その奇跡の集合体が自分になるわけです。

 これって、すごくないですか(飯島八段風)。

 もっとたどれば、海水と雷、火山の中から有機体が集合し、生物となっていき、それが進化を遂げて人類となり、自分がいるわけです。
 いずれにしても自分が生まれ生きていることは大きな奇跡の賜物です。

 嫌なことがあったり、辛いことがあった時、損なことも少し思い起こして頂ければと思います。

667.数値を以て評価する

2022.12.03

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 当院ではSDS、STAI、IES-Rなど色々な心理検査を取り入れております。
 SDS,STAIは私が修行した九大病院心療内科でも現役の検査です。
 SDSはうつ、STAIは不安、IES-Rは心的外傷の度合いを測ります。もちろん、その数値は絶対的なものではありませんし、ある断面でしかありません。限界もあるからこそ看護師や心理士が予診を取り、医師が診察もするわけです。

 数字を絶対視するわけではないのですが、企業や役所、会社などの職場は、鬱と言ってもどれくらい悪いのか?と割と客観的に知りたがる傾向があります。そういう経験もあるので、休業の診断書には心理検査の数値を以て評価しています。
 医師は医学部入学が理系ということもあり、産業医も数値で以て評価すると理解しやすいことがあります。産業医は精神科専門とは限らず、主科が循環器科とか整形外科とかメンタルヘルスではない人もおられます。
 少し専門性が違う産業医の先生にも理解しやすいことも意識しながら、なるべく心理検査の結果を添えて、休職や復職の助言を行っています。それが評価して下さる医師からは、繰り返しご紹介頂くなど一定の評価も頂戴しています。

 また、良くなってきた場合、自分がどれくらい良くなったかも数字でお示しでき、治療した甲斐もご自身で感じて頂くことが出来るでしょう。

 それらの理由から、当院では、心理検査などを積極的に行い、数値を以て状態を評価させて頂いております。もちろん、話したりない場合は、医師や心理士にご相談下さい。

666.友達から借金を申し込まれたら

2022.12.02

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 あまり幸せじゃない感じになる原因の一つに経済的困窮というものがあります。
 お金が全てではないですが、お金がないと大変困りますし、お金は上手に使えば世の中の潤滑油になります。困窮しないように余裕を持ち、温かい気持ちで使えると良いものです。

 心療内科や精神科にご相談にいらっしゃる方には、家族や恋人、友人からの借金の申し込みに応じたり、連帯させられたりで、色々不幸になってしまった方もおられるようです。

 だいたい、借金を申し込む相手って、あまり大親友に申し込むことってそもそもないです。何となく友達のようなそうでないような。恋人だったとしても、ひょっとしたら切れてしまうかもしれないような。そういう相手に借金は申し込まれます。
 つまり、ドライに言えば、申し込んだ相手は、あなたのことを、いざとなったらとんずらして切れても良い相手、と認識したということです。悲しいことですがほぼ現実です。
 そういう輩には断るのが一番なのですが、断り切れない時は、1万円でも良いので、差し上げてしまいましょう。
 あげてしまって、10万円とか100万円とか、申し込まれた額はとても貸せないけど、今までお世話にならなかったわけでもないので、その分の御礼として、1万はやる。だけど、縁も切る。これきりにしてくれ。連絡も着信拒否するからね、というわけです。
 相手が慌てて無心や借金申し込みを取り下げたとしても、あなたが相手から、切れてしまっても良い関係だと思われた事実は変わりありません。ですから、正面衝突だけ避けて、後はそっとその人の目の前から消えて距離を取ります。
 執拗な場合は、ストーカーとして毅然と対応する等、防衛を強化する必要もあります。

 無理な要求は、断ることも生きる力の一つです。

 借金申し込みは手切れのサイン、ご記憶頂いて損はないかと思います。

665.師走に

2022.12.01

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 師走になりました。昨年、6月開業ですので、おかげさまで1年半持ちこたえました。
 1年半も経ちますと、初期開業時に新患でいらした方が抗うつ薬の維持療法も終結し、無事に治癒、終診となった方が出始めています。とても喜ばしいことです。

 この1年半の間、スタッフの努力もあり、お預かりした診断書作成の流れが改善しましたし、受付のカルテ出しの置き場所も改善。バックヤードにもう一台PCを置いて、受付中でももう一人のスタッフが電話対応が出来るようになり、予約票や処方箋を印刷するプリンターが受付近くに移動するなど、導線を短くして効率化に成功しています。新患の時間帯もだいたい決まって来て安定しました。車椅子の方のご来院にもスロープで対応出来ました。こう考えると走り回って頑張っているのは私よりスタッフなんじゃないかと思いますが、看護「師」や公認心理「師」も走り回っているので、まあそれで良いのでしょう。

 スタッフがクリニックを安定させてくれるので、医師も安心して診療に望むことが出来ています。

 師走になりましたが、そのような安心感を常に提供できるよう、スタッフ一同務めて参ります。これからも当院をよろしくお願い致します。

664.当たり前のことを当たり前にする

2022.11.30

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 先人の言葉でしょうか。
 当たり前のことを当たり前にすると、当たり前の人ではなくなるようです。
 予習をする、復習をする。
 分からない所を読み直す、質問する、出来るようにしておく。

 雨の日も、風の日も、コンディションの良い日も悪い日も。これがなかなか難しいことです。

 コンスタントに、必要なことをルーティンに落とし込んで行くことが、継続は力という実力になります。
 当たり前のことが当たり前に出来ていないのであれば、何か一つ、基本となることを当たり前にやれるように高めていく、そんなことから始めるのが良いのかもしれません。

663.味覚センサー

2022.11.29

 ブログを読んで下さるみなさま、いつもありがとうございます。六本松地区で開業していますまつばら心療内科の松原慎と申します。

 先日、心療内科学会に参加して参りました。
 工学部の都甲先生のお話は大変興味深い話でした。
 味覚センサーという物が開発され、既に実用化されているようです。
 味覚は、甘味、酸味、辛味、苦味、うまみ、の5つに限定されているそうで、それらの電位の組み合わせが近ければ同じ味を再現できてしまうのだそうです。某社のカロリーハーフどら焼きもそうやって作られたとのことでした。
 勘や経験に裏打ちされた物が、数値化・視覚化されて研究が進むのは驚くべきことです。

 他方、嗅覚センサーも開発中とか。嗅覚は味覚と違って五軸にまとめることは出来ないようです。人間には400の嗅細胞、犬には1000の嗅細胞があるとかです。それでも16チャンネルなどをトライアルして、現実に近い近似を行おうとする努力にいたく感心して参りました。

 これからも、感覚を科学の力で可視化する試みが、色んな発展を生むのかもしれません。

地下鉄七隈線「六本松駅」徒歩5分